特定非営利活動法人 次世代教育推進機構
サイトマップ アイコン → サイトマップ

  ホーム Sプリ 活用事例 「学校応援団」が児童を支え、ともに成長していく (東京都杉並区立方南小学校) 学校支援本部の役割分担A

MENU  
活用事例





杉並区立方南小学校:スクールデータ、土曜チャレンジスクール資料(PDF)


学校支援本部の役割分担A「おもしろ算数授業」
 

「おもしろ算数授業」のポイントについて

齊藤: 「土曜チャレンジスクール」のスタートは藤崎さんと内山さんによる「おもしろ算数教室」からスタートしていると伺いました。


「答えを考える過程を楽しむことがポイントなんです。」と藤崎さん。

藤崎: 学校の授業は公式にそって数字を当てはめて答えを出していく、という内容に近いと思うのですがここでは「答えが何通りもあって、答えを考える過程を楽しむ」ことをポイントにしています。例えば、1+2=3ですが、ここでは答えが3になる問題を考えよう!とします。すると、0+3、1+2、1+1+1…などがありますよね。子どもたちの発想を広げる、何通りもある事に気付かせたいと思っています。逆に子どもたちは、答えがきっちりでないとすっきりしない!といって嫌がるんですよ。でも答えを出すことを目的にしないで、その過程を考えるという点ですね。時々突拍子もない意見が飛び出したりしますが、そこも受け入れながらやっています。逆にこちらも楽しみながらですね。
 いわゆる受験に出るような問題ではなくて、算数という枠に捕らわれることなく文章を読んだり、お小遣い帳をつけたり。ちょっと視点を変えると、世の中には結構ゲーム的な要素を含んだものが転がっています。これを見つけることが楽しい。

   
 

「Sプリの学習では、100%理解をしてから帰らすようにしています。」と内山さん。

内山: 私も藤崎さんの路線を踏襲していますが、大人風にカッコよく言えば「論理的な思考力や科学的なものの見方、考え方」の基礎を身に付けるという点に重点を置いています。なかなか思いが先行してしまってうまくいかない時もありますけどね。四則演算は割と得意なお子さんも文章問題が苦手なお子さんが多いですね。その点については前校長先生からも力をつけてほしい部分なので、と言われて長文の文章題にチャレンジしたこともありましたがこれは厳しかったですね。最初から読もうとしない、子どもたちが拒絶反応を起こしましてね。その点はSプリにも文章題が入っていますので助かっています。以前は一気にチャレンジまでやらせていたのですが、問題をちゃんと読まない子は最後まで同じ間違えをして気づかない時があります。ですからワークプラスが終わった時点で一度採点を行うようにしました。そこで気づけばチェックで直すことができますので。Sプリは基本的に前学年の単元をやっています。100%理解をしてから帰って貰えるように心がけています。

 

Sプリとのバランスは?

藤崎: 「Sプリ」では算数の基礎的な部分を自分のペースで解く時間。「おもしろ算数」は対照的に楽しみながらできる時間、ちょっとワイワイと話し合ったり相談し合ったりする中で考える力をつけさせたいな、と。でも「おもしろ算数」だけだと遊んでしまうところもあったので、Sプリを導入したことで児童にメリハリができたと思います。

これからの「おもしろ算数」で、何か考えておられますか?

藤崎: こどもたちから「わかった!」という声がたくさん聞こえる授業をやりたいな、と思っています。そのために、当然最初は分からない問題をだすんです。ですから「そんなの分からないよ〜」という声が上がるんですけど、少しずつヒントを出していくと子どもたちが考え始めて、そのうちに「わかった!」という声が聞こえてくるとちょっと鳥肌が立ちますね。その「わかった!」を子どもたちにたくさん味わってもらう、言ってもらうことが私たちの役目、使命だと思っています。ですから、(子どもたちにとって)「これはいいぞ」という問題を見つけ出したときは「やった!」という気持ちになりますね。

内山: グループ単位でディスカッションして自分たちで答えを見つける授業。以前も少し挑戦してみたことがあります。グループごとにスタッフを付けるなど工夫も必要ですけが、またやってみたいと思います。大人でも思いつかないような、ちょっと突拍子もない意見や考え方を出してくるグループがあったりして、おもしろいんですよね。

 
杉並区立方南小学校・支援本部と「土曜チャレンジスクール」について、ご担当されるサポーターの方々に詳しくお話しいただきました。
学校支援本部について(本部長:大嶋正人さん) おもしろ算数授業。藤崎順一さん(左)、内山晴雄さん 「Sプリ」プリント学習。山下翔平さん(左)、片野遼さん