特定非営利活動法人 次世代教育推進機構
サイトマップ アイコン → サイトマップ

  ホーム i*tem        

MENU  
i*tem 算数




PDFファイルを表示するために必要です。→「Adobe Acrobat Reader」のサイトへ
PDFファイルをご覧いただけない
場合は、上記からAcrobat Reader
をダウンロードください。

筑波大学附属小学校算数研究部とアイテム

「知識」や「技能」を使えるものとして

 学習指導要領が変わり、内容が増えることで窮屈なカリキュラムになり、再び教師主導の算数授業が展開され始めるのではないかという声があがっています。そして算数嫌いが増えるのではないかと…。いくら教える側が熱心になったところで、肝心の学び手にその意欲がなければ、知識や技能は使えるものとして定着しません。それは過去の日本の教育界が変化の節目の度に反省してきたことです。ところが、そのための具体策はいつも曖昧なままでした。そこで筑波大学附属小学校算数研究部は、その理念を問題集という具体的な形で示すことを考えました。それがこの「アイテム」の誕生です。
 「アイテム」は「I*tem」と書きます。「I」は自分、つまり子どもたち自身を指します。temはtsukuba educational methodの頭文字をとったものです。英語のitemには、項目や品物という意味があり、子どもたちにお馴染みのTVゲームなどではゲットした様々な道具というイメージもあります。つまり「使える道具」としてのアイテムです。これは身に付けた知識や技能を役立つものにしたいという願いにもつながります。また、こんな時代だからこそ、もう一度算数大好きな子どもを増やしたい、そんな想いもこめてみました。
 この「アイテム」は、セカンド・バージョンとなります。現場の日々の真摯な悩みを解消するために筑波の算数研究部6名が叡智を絞って作り直して皆様にお届けします。明日の算数の時間が、子どもたちの笑顔で埋め尽くされることに、この「アイテム」が役立つことを願ってやみません。

筑波大学附属小学校 算数研究部
田中 博史
細水 保宏
夏坂 哲志
山本 良和
盛山 隆雄
中田 寿幸